1000回目の日記

Pocket

1535gの低体重児として九死に一生を得た。

自分の可能性を最大限に引き出してその力を

誰かの為に活かしたいと, 複雑な家庭環境と

自身の存在意義に悩んだ末に医師を目指した

高3と浪人の2年だけで実働8000時間勉強する

も数学が出来ず医学部に入れず、4年制薬学で

研究を志す。しかし生体研究に耐えきれず、

院卒から聴講して製薬ではなく臨床へと転向

薬剤師になり薬局に勤め3年半勤めるが食道

ヘルニアで断念。整体などで必死に回復し、

勤め直すも頓挫 会社の起ち上げ。まだ軌道

のらず、むしろ社保経費で手いっぱい。親父を

救うことはできなくても、親友に報いたい。

いつも自身の事で精一杯じゃなくて、どうせ

大変なら、人の事で苦労する人生なら赦せる

か。【今ここ】で、俺に出来る事はなんだ?

亡くなっていったばあちゃん、じじちゃん、

愛犬、妹に恥じない生き方とはどんなだ??

いつも心苦しいけど、自分が苦しんだ分だけ

誰かが助かるわけじゃないなら、そんな独り

相撲は自己満足だ。嫌悪感なんて甘えだ。

中途半端な生き方は要らない。命を燃やせ、

世界を照らせ。ほんの一角でもいいから、雨

が降ったら傘を差し出せる人間になるんだ

負けるな、自分に負けるな。自身を超えろ。

生まれてきたからには、何かを遺して逝け。

生き残るために、闘え。生きる事は賭けだ。

雨上がりアスファルトの名もない花を観ろ!

誰に知られずとも岩を縫い、空気を生み出す

あの自然治癒力を観ろ!!雨上がり、石畳に

咲く花のように。今ここを、一緒に生きよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です